FC2ブログ

無いなら作ればいいじゃない?

〜Dackyの自由工作履歴〜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/700 イ401 製作1

毎週月曜日更新にしたら、進捗報告にもなるし、研究室から書けるし、進めないと!っていう気にもなるから丁度いいかなと思います。
できるだけそれを目指します。

前回は阿賀野でした。



今回作っているのは前回の最後にちょろっと書いた、イ401です。
漫画「蒼き鋼のアルペジオ」からメインの潜水艦。旧日本海軍伊401を模した形をしています。
アニメの公式はこちら↓
http://www.aokihagane.com/character/i401.php

11月(今月(´д`)!?)末にアオシマから「イ401」として、キットが出ますが…orz

改造元のベースキットは童友社の同型艦の伊400。

旧日本海軍 伊-400潜水艦 (1/700 世界の潜水艦コレクション プラモデル)旧日本海軍 伊-400潜水艦 (1/700 世界の潜水艦コレクション プラモデル)
(2010/06/25)
童友社

商品詳細を見る


(ディテールの善し悪しも考えると、今更ですがピットロードにしておけば良かったなんて)



早速作っていきます。

素組み状態のものです。バリ取りとかは特にしていません。
IMG_1723_convert_20131111165645.jpg
ぱっと見はイイカンジです。

ここから色々と手を加えていきます。

前からのアングルで、非常に目立つ艦首魚雷ですが、キットのまま(下)では、慰め程度の細い線が2本入っているだけでしたので、
0.5ミリのペンスクライバーで溝を掘った後、斜めに小さくカットした0.5ミリプラ棒を貼り付けました(上)。
IMG_1803_convert_20131111165706.jpg
少し主張が強すぎたかもしれませんが、頭の中のイメージに近づけたのでこのぐらいでもいい気がします。

伊401と一番大きく異なる(?)部分が、艦底のこの丸っこいところ。勝手に高性能レーダーだと思っていますが、実際のところどうなんでしょう?
IMG_1826_convert_20131111165732.jpg
パテにできた気泡は非常に苦戦しました。
本当は直接盛らずに、キットの部品の方にメンタムとか塗ってはがせるようにした後、外して整形した方がはるかに楽だったかと思います。

艦首のヒケ埋めと、艦尾の平滑化もしました。
(実はこのときに上下のパーツのサイズがが大きくずれました)
IMG_1823_convert_20131111165719.jpg

推進機関です。下が改造前で上が改造後
設定がとは全然違いますが、いまの自分の造形力ではこれが限界ですorz
IMG_1871_convert_20131111165803.jpg
こんなかんじ。
IMG_1876_convert_20131111165830.jpg

船尾に着いているこんなものも自作。
IMG_1898_convert_20131111165859.jpg
他の人の伊401の作例見たら、なんかもっと長いし細い!!
ほんとは真鍮線で作るべきなんでしょう。

で、このプラ棒が表記では0.5ミリですが、実寸0.65ミリくらいあります。
今流行の、「偽装表記」ですな!!

船尾の舵も作り直したのですが、撮り忘れてます。

水上面でも置けるよう(&すりあわせの簡易化のため)に上下を合わせるピンをカットしたので、ネオジウムを組み込みました。
おかげで鉄製の棚の側面に張り付きます(笑)
IMG_1913_convert_20131111165926.jpg

ここまで
IMG_1915_convert_20131111165941.jpg



ずっと小難しいキットばっかり作ってるので、息抜きに、帰りにズゴックでも買おうかと思います。



ところでいま製作中なのは…
1/35 八九式戦車
1/20 ナウシカ
1/144 自衛隊員
1/700 伊16
1/700 伊58

たぶんまだあるorz
ナウシカは早く終わらせたいところです

スポンサーサイト

1/700 イ401 製作2  と父との思い出

卒業研究にそろそろ本腰を入れなければならず、平日かなり忙しくなってきまして模型の方が全然進まないです。
あと作るのも下手で、非常に効率が悪くて嫌になります。逃げたいです。



今回も401のつづきです。
こちらは前回の状態。
IMG_1915_convert_20131111165941.jpg



艦上に据え付けられる兵装などですが、キットのもの(上)はシンプルで味気ない気がしましたので、ピットロードの兵装セットを買ってきて置き換えすることにします。
IMG_1976_convert_20131118143200.jpg
ディテールが凝っていて嬉しいのですが、いかんせん金型のずれがひどくて、修正に一手間かかりました。特に単装機銃の台座なんかは修正後形がいびつになってます。

で、本体の方はサフを吹くたびにパテの気泡が現れるという、終わりの無い戦いが終わらなかったり…。
IMG_2024_convert_20131118143254.jpg
IMG_2002_convert_20131118143241.jpg

そんなこんなでサフ吹きまで終わったものを…
IMG_2001_convert_20131118143227.jpg

800→1000→1500のあとこのやすりスティックフィニッシュでぴかぴかに…
IMG_2041_convert_20131118143308.jpg

なりました。ミクのフィギュアが映り込みます。
IMG_2067_convert_20131118143414.jpg
→が、このあと塗装の食いつきを考えて、1000番まで戻してます(´д`)

特徴的な船体のバイナルの模様を3Dの画像を見ながら考えてます。
IMG_2045_convert_20131118143321.jpg

あろはクラインフィールドを表現してみようと思い、熱湯でプラバンを曲げてみたり…しかし切り出しがうまくいかずに廃棄しました。
どうしたものでしょう?
プラバン工作はまだにうまくいきません。いい切断方法ないでしょうか??
IMG_2073_convert_20131118143426.jpg

進捗としては、甲板をウッドブラウンで塗り、喫水線下をMSライトブルー、艦橋をコバルトブルーで塗り、兵装を史実艦の竣工した佐世保工廠標準色で塗ったところまでやってあります。
写真がありません。



さて、401の進捗はここまでで、

小学生の頃に父がお台場にある船の科学館に連れて行ってくれた事がありました。
館内にある、船の資料を二人で集めに集め、フォルダーも買って夏休みの自由研究をやった事がありました。
中身までは覚えていませんが、自分が喜んで色々勉強してたのを、父も一緒になって楽しんでくれていたと思います。
その日の帰り、ミュージアムショップで父がタイタニックのプラモデルを買ってくれました。
当時ミニ四駆を作るのが精一杯だった私は、塗りもせずそのまま組み立てたり、下手な縫い糸での張り線なんかをしようとしてたりで全然うまくいかず、ひきだしにしまいこんだままどこかへ行ってしまったようです。
引っ越しの時に出てこなかったので捨ててしまったんでしょう。

そんな過去への戒めというか、過去への執着というか。
昔のものを作ろうと思い、無いお金で1/700のタイタニックを買いました。

想像以上にでかくて、正直マジでびびりました。(昔のは1/1000より小さかったかも知れません)
手前は船艦長門の船体です。
IMG_2059_convert_20131118143349.jpg

よくできているなと思うのは、喫水線で分割できるのでウォーターライン仕様にもできることですね。
IMG_2061_convert_20131118143403.jpg

できれば父と一緒に組み立てたいですが、のってくれるのか…。
まだ話を切り出せず、隠されております(´д`)
「また、そんなもの買って!」って言われる気がします。

1/700 イ401 製作3

流体系の国際学会で、仙台に来ています(予約投稿です)。
もともと行く予定ではなかったのですが、ワックスハイブリッドロケットの第一人者の方がいらっしゃるということで、無理矢理行くことにいたしました。

これはつい先日のNASAでの実験だそうですが、これもその方の研究だそうです。デカい!!!


いつかこんなのをやってみたいです。



さて、401は塗装に入りました。

甲板色をウッドブラウンで塗装後、(前回トラウマになった)マスキングゾルでマスク。
薄めに塗るとカットしやすいのですが、薄いとはがすのが大変なのと、極薄いところは塗装の時にうまくマスクできずに下の塗膜についてしまいました。
IMG_2114_convert_20131124221220.jpg

航空機格納庫も同様にゾルにてマスキングしました。きれいに塗り分けられました。
船体色はコバルトブルーです。
IMG_2149_convert_20131124221245.jpg

細かい艦上構造物はニュートラルグレーで塗り分け。艦橋も塗りました。
IMG_2151_convert_20131124221305.jpg

アニメを見ていたら、甲板色がものすごく濃かったので、汚し用のエナメルで濃い目に濃淡をつけてみました。
IMG_2182_convert_20131124221332.jpg

メインの甲板もそこそこに塗り分けられましたが、多少のレタッチを入れました。
IMG_2189_convert_20131124221402.jpg

艤装をニュートラルグレーで塗り分け。ちなみにアクリル塗料なのですが、これがあとで悲劇を生みます。
IMG_2238_convert_20131124221441.jpg

格納庫同様の濃淡をつけたのち、つや消しクリアを吹いたのですが、アクリル塗料のところに砂吹きをせずに一気に吹いてしまったために、塗料が少し流れました(;´Д`)
IMG_2254_convert_20131124221528.jpg
プロペラガードが違うとか言わないでください。

ということで、水面上部分は完成(とする!!)。
ここまでだと、ちょいいじりでただの色変えですね。(;´Д`)
IMG_2259_convert_20131124221605.jpg
これだけだといまいち雰囲気が出ない…。

が、こうするとかなりそれっぽく見えますね。
IMG_2264_convert_20131124221731.jpg
艦底はまだ終わってません。MSライトブルーの上から、ちょい薄目でパールホワイトを吹いて磨いてあります。
ここからバイナル部分をマスキングして、MSライトブルー→つや消しで塗装します。



にしても、塗装が下手過ぎて、角にうまく乗せることができず、ついつい厚塗りになってしまいます。
どうしたらよいでしょうね?
缶スプレーの吹き方が難しいのもありますが…。

1/700 イ401 製作4

12月4日の午前0時です。
NCフライス盤という、プログラムを入力すると自動的に加工してくれる切削機械の利用で終電を逃して、研究室泊になりました。
疲れた(´д`)

しかし、プログラムミスでうまくいっていない気がします。

加工途中でできた副産物のグラファイトの王冠。かわいいでしょ?
IMG_2565_convert_20131204001612.jpg

今週は月曜からもうかなりしんどいです。



さて、イ401製作も佳境に入ってきました。
この前の週末は、久しぶりに根詰めてプラモやったのでこっちでも神経使い果たしましたね(´д`)

MSライトブルーの上からホワイトパールを吹き付けた物にバイナルラインの形にマスキングします。

研究室で時間つぶしに(研究しろ)書き上げたバイナルのラフラインや諸々の模型誌の作例、こうしきのCGモデルの画像などを見比べ、2キット買ったもう一方の改造しないで作るためにとってある物にマスキングテープを貼ってその上にサインペンでバイナルのラインを書いていきます。
IMG_2512_convert_20131203235626.jpg

半分だけ作った物をPC上で画像処理して反転しました。
バイナルライン

これをつかって切り絵式にマスキングテープを切り出し貼っていきます。
IMG_2519_convert_20131203235647.jpg
IMG_2523_convert_20131203235723.jpg
IMG_2525_convert_20131203235739.jpg

バイナルラインの形にマスキングができたら、そのうえからMSライトブルーを吹きます。
そしてそのままつや消しクリアを吹きます。
写真は腹の部分のマスクを剥がしたところ。
IMG_2534_convert_20131203235818.jpg
できればこの塗装の膜の段差はなくしたいんですけどね。

どうでしょう!!?
IMG_2538_convert_20131203235834.jpg

ネオジウム磁石による、棚の横ダイナミック乾燥。
IMG_2544_convert_20131203235906.jpg
思ったより濃い青になってしまいましたね…。



今回はここまで。
次の更新の時には、台座の塗装までした完全完成写真をあげたいです!!
今のところ大きな失敗はないかな??



いやー、くったくた(´д`)

1/700 イ401 製作5 完成編

I-401_convert_20131209222123.png
卒業研究やばいっすw
この1,2週間で自分の実験用にグラファイト円柱を切削してノズルを作ったりとかしてますが、なかなか実験にはいたりません…。



401、前回のものを上下合わせるとこうなります。
バイナルは2枚目の写真のようにかなり下から覗き込まないと見えません。下っぱらもorz
最大のアピールポイントが目立たないのは悲しいですよ(泣
IMG_2557_convert_20131209225653.jpg
IMG_2559_convert_20131209225735.jpg


本体が終わり、オプションとして「クラインフィールド」のエフェクト(雰囲気だけ)を作ってみました。

熱湯で曲げたプラ板。
IMG_2572_convert_20131209225755.jpg

カクカクした形に切り出し、タミヤの曲がる2ミリプラ棒で支柱を作って台座に接続します。
IMG_2576_convert_20131209225925.jpg

作っていない方の401を乗せるとこんなかんじ。
IMG_2574_convert_20131209225910.jpg

湾曲の裏から、六角デカールをそれっぽく張り付けます。
これが大変だったーーー!!
IMG_2582_convert_20131209225940.jpg

きゅいーーーん!!
IMG_2591_convert_20131209230014.jpg


台座も手を入れます。
塗装は、ライトメタリックブルーに、原作版の401をイメージして2本のライン状にマスキングし、パールホワイトを吹きました。(ANAとか言わない!)
支柱はライトガンメタル。
IMG_2583_convert_20131209225956.jpg

グレーのアルファベットデカールを、マスキングテープに付けた目安で貼っていきます。
IMG_2608_convert_20131209230032.jpg

隙間が空いてしまったので、ラインデカールで適当にごまかしました。
IMG_2615_convert_20131209230046.jpg

401を乗せるとこうなります。
台座も案外ポイントになるんだなと知りました。
IMG_2617_convert_20131209230102.jpg



ということで、一通り作業終了で、完成いたしました!!!

撮影もしました。
↓fgにアップしましたので、見てください!!よろしくお願いします!!↓
fgイ401

I-401_convert_20131209222123.png
↑サムネです。クリックで拡大できます。この手を加えた画像めちゃめちゃかっこいいなーなんて(自画自賛!)

いやーかっこいい(笑)

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。