無いなら作ればいいじゃない?

〜Dackyの自由工作履歴〜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/700 夕張改二 塗装編 その1

ホビコムに登録しました.
http://hobbycom.jp/my/1a17afb95c
しっかりしていてなかなか使いやすくもあるので,たぶんこれからはこっちを使っていくと思います.
製作過程も掲載できるみたいなので,併用するか,あるいはこっちは使わないか,どうしましょうかね?

スケールモデルコンテストが開催されているので,自分も一応参加作品をあげています.
賞には,箸にも棒にも引っかからないと思いますが….


あと,新しいニッパーが欲しい


間が空いてしまいましたが,
夕張の塗装について書いていきます.

スポンサーサイト

1/700 夕張改二 工作編 その2

夏の模型への決意をお金で買いました.
夏模型に備えて
ヤスリスティックは前から欲しいなと思っていてようやく買えましたが,ハードを平面の修正とかに使おうと思ってましたが,昨日八九式中戦車の足回りの整形に使ってみたものの地味にでかくて使いにくかったです.
オーキド「道具には使い時というものがあるものじゃ」

それで結局細くとがったタイプをさっき注文し直しました.
用途ごとにわけて使います!



28.jpg

さて,前回の続きです.
↓ ↓ ↓

1/700 夕張改二 工作編 その1

ようやく夏休みに入りましたが,去年と同様研究室に行くんでしょうねw
まあ何ともひどい前期でした.ゴミみたいなレポートを提出しまくったので,成績もそこそこなんでしょうね(´д`)
(初期の意気込みはどうした…)


さて,ついったの方にはもう何枚も写真を上げましたが.
こちらのキットを使って,俺仕様の夕張改二を作りました.

1/700 ウォーターラインシリーズ No.319 1/700 日本海軍 軽巡洋艦 夕張 313191/700 ウォーターラインシリーズ No.319 1/700 日本海軍 軽巡洋艦 夕張 31319
(2009/06/15)
タミヤ

商品詳細を見る


艦これ内の軽巡夕張のネタと併せて,「遊べる艦船模型」というコンセプトで作ったのが今回の作品になります.
夕張改二の設定としては夕張改(史実としては最終改装時の状態)の,さらにその後的なかんじです.
ですから,細かいエッチングは使わずになるべくプラパーツやプラ素材工作に抑え,張り線なんかもしない仕様で作ることにしました.
(というのは建前で,実はエッチングとか買うお金がないっていうのが現実.貧乏学生はつらいよ)


↓続きはこちら

1/700 暁 (を1人前のレディに育てよう) 仕上げ編

GWですね。
父の実家にじじばばに会いに行く以外には、友達と飯食うぐらいにしか用事が無いのですがね。
意外と忙しい。
特に内の大学はアホみたいな授業日設定をしてくれるため、祝日と授業日がカオスな感じに入れ替わってます。
研究も中途半端で進んでません(´д`)


だいぶ間が空いてしまいましたが、暁の続きを書いていきます。
仕上げ編です。
IMG_8470.jpg

1/700 暁 (を1人前のレディに育てよう) 塗装編

大学院の生活が始まってしまいました。
いそがしくなりそー(;´Д`)


前回までで工作の終わった暁の塗装に入ります。

7mカッターの木製部分はMr.カラーのレドーム色、7mカッターの縁は水性ホビーカラーのつや消し白、7.5mカッターのキャンバス製の覆いはMr.カラーのつや消し白で筆塗りしています。
IMG_6466.jpg

艦底色をマスキングした船体全体を佐世保工廠色で缶スプレーにて塗装。
IMG_6099.jpg

その他の艤装も、ばらした状態でそれぞれ佐世保工廠色にて塗装しました。
IMG_6128.jpg
IMG_6131.jpg

甲板の塗装。
佐世保工廠色で塗装した甲板のリノリウム張りの部分を、ペイントリターダーを混ぜたタミヤアクリルのリノリウム色にて薄く延ばしながら極細の筆で3度塗りしました。
リターダーで薄めている分塗膜が薄くなりがちなので、重ね塗りは必須でした。
IMG_6181.jpg
箱絵の塗装見本と見比べても、だいぶ印象が変わっていることがわかると思います。

煙突の上部黒は水性ホビーカラーの黒
IMG_6624.jpg
この後H型煙突の根元の部分に手をぶつけ、悲劇が始まります。


主砲や各種台の周りのキャンバスをMr.カラーのつや消し白にて筆塗り。
IMG_6692.jpg

魚雷の発射管の先端の色はよくわからなかったのですが、たまたま家にあった水性ホビーカラーのガルグレーを筆塗りしました。
IMG_6742.jpg

後部マストに取り付けた艦尾信号灯。
各ランプにホワイトを塗り、その上から水性塗料のクリアレッド、クリアグリーンで上から塗っています。
IMG_6626.jpg


基本塗装がすべて終わったところ。
IMG_6756.jpg


つや消し黒基調にフラットブラウン、ジャーマングレーを混て薄めたエナメル塗料にて、艤装接着前に個別に汚しを入れました。
また船体の舷側には水の垂れた後を書き込んであります。
IMG_6905.jpg
IMG_6908.jpg

ここまでできたらパーツをすべて接着し、つや消しのクリアーを奥まったところから初めて全体がしっとりと濡れた感じになるまでさっと塗っていきます。
塗料の崩れを防ぐために、つや消しクリアーには水性トップコートを使用しました。
(しかし、塗膜が弱いため、少し強くこするとつや消しの方面がはがれてしまいますので…)
IMG_6969.jpg
妙に傾いたH型煙突は気にしないでください(´Д`)


これで塗装パートは終了です!


次回、最終仕上げのステップに入ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。